スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

社労士試験を振返る17

◎労基・安衛・択一問3
 ×ア 使用者が、ある労働者を整理解雇しようと考え、~予告を行った。その後、~
   「解雇を取り消す~」と申し出たが、当該労働者は同意せず、それに応じなかった。
   ~当該労働者は~任意退職したことになる。

先に使用者が労働者に解雇を予告しそれを撤回した場合、
解雇予告が優先されるのは、分かる。
では逆に、労働者が退職を申し出てそれを使用者が受理しなかった後、
気が変わって受理した場合は、任意退職?それとも解雇?
まあこれは退職扱いだろうなあ。

1年単位の変形労働時間制で、
途中入社により法定労働時間超期間のみ労働した場合は
超過分の割増賃金が支払われるけれど、
では逆に労働時間短縮期間のみ労働した場合、
使用者は不足時間分の賃金は支払義務を免れる?

労働相談を受けることになれば、いろんな事例が出てきそう。
こういうのに対しても、自分の知らないところで通達ってあるのかな?
労基署で一つ一つ確認するのが常道?
うざったがられるのかな?
「うざったい」って、本当は違う意味だとニュースで言ってた気も…。


クリックお願いします⇒ 人気ブログランキングへ

こちらも参加中⇒ にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

2012-11-06 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

こば

Author:こば
無事に社労士試験合格!!
開業準備で孤軍奮闘中です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。